seriously

地震は止められないが戦争は人類の思いで防げる…

今朝起きたら、いつものTVのトーンと違う…

北朝鮮からミサイルが発射された模様です。
というニュースに愕然としました。

結局出勤するころには、いつもとあまり変わらない風景でしたが… 

TV各局が同じニュースを一斉に放送し、
画面の一部分にはずっと同じ速報や警報、注意喚起が表示されている。

これは…地震の時にちょっと似ているな。
って私のように思った人もいたのではないでしょうか。

日常に追われて、うっかり忘れがちですが。
2011311日。あの日。

そして、私は関西で阪神淡路大震災にも遭ってます。
1995117日。

どちらも忘れられない日です。

2回の大きな地震を経て、私は
どんな場所からも歩いて帰るルートを、把握するようになりました。

阪神淡路大震災のときー。
当時学生だった私は寮に住んでいました。

今のように携帯やスマホもない時代で、
実家になんとか公衆電話(懐かしい…)から無事を伝えたものの、
ニュースやテレビも今ほど瞬時に情報を発信していなかった…
 
明け方、必死の無事を伝える電話にも、
親は「あらそうなの?(今まだ6時よ、早いわねー。。的な)」。

後からどんどん明るみになる甚大な被害。
ラジオが告げる「高速道路が落下しました」に驚き…
テレビで見る「死者・行方不明者」の人数の桁数が瞬く間に増え…

これはまずいのではないか、と危機感がつのり
友人と連れ立って外に出てみると…

昨日まで普通にあった家が跡形もなく、
昨日も普通に買い物したスーパーのガラスが全部割れ、
いつも通っている道路からガスが噴出し、
とんでもないところに何故か大きな池ができている。
 
言葉を失う私たち。

不幸中の幸いで電気は使えたものの、水が出ない。
余震も何度もありました。

何よりも怖いと思ったのは、
こういうとき、パニックになった人たちの言動・行動でした。

友人たちと身を寄せ、これからどうしようかと話し合っていた私たちの近くで
別の学生たちが、
「家に帰れないかもしれない、遺書を書いて持ち歩く」
「次の余震でこの建物は倒れるらしい」
「自分が遺体になってもわかるように、血液型と実家の住所を書く」
と恐怖心から、デマのような言葉を大声で話しており。

また別のところでは余震のたびに
「キャーーーーーーー!」と叫ぶ学生が。

そういうパニックって、ぱーーーーっと人の心に
浸透してしまうので、みんな一斉に遺書を書こうとする…

もちろん地震や自然災害の前に、なすすべもないこともあり、
人は無力かもしれない。

でも人間って、これまでいろんなことを乗り越えているから
こうして、生き延びて、脈々と歴史があるんですよね。

パニックになってデマを信じれば
そうなってしまう、かもしれない。

でも。

冷静に考えて、可能性を信じれば、
そうならずにすむ、かもしれない。

17日はそのままそこにとどまるしかなく、
次の日、なんとか東京行きの飛行機を手配してもらえたので、
関東圏の友人たちと一緒に、空港を目指して歩き始めました。

普段使える電車がすべて使えない、
バスの運転手さんは「空港まで1日以上かかるよ」と言う、
道なき道を歩き、なんとか空港についた私たち。

そこまでは覚えているのに、
その日飛行機に乗った記憶がすっぽりと抜けてます。

梅田や東京は何事もなかったかのように
普段どおりの姿をしていて、夢をみているかのようでした。

阪神淡路大震災。

関西の方々の持つ明るいパワーが大好きです。
クリスマスの神戸にルミナリエの光が灯ったとき、胸にじーんとくるものがありました。

復興、とはなにをもっていうのか、
なにが正しいのかわかりませんが、
立ち上がった、という気持ちになったのを覚えています。

2011311日。
この日のこと。
日本中のありとあらゆることが、この日を境に変わった気がします。
津波の本当の恐ろしさを知りました。

電力を控えようと、みんなが努力し、
人の痛みを感じ、困ったことがあれば助けよう、と
かつてないほど、日本中が思いあったとき。
 
今朝の北朝鮮からミサイル、のニュース、
地震はそれ自体を人のチカラでは止めることができない、
戦争は世界中の人の気持ちで止めることができるもの、
なんですよね。

なぜか地震のことを思い出したり、
色々考えた一日でした。

ピックアップ記事

  1. 夢を達成するために -リアル下町ロケット 社長さんの考えかた-
  2. 「中本道」 蒙古タンメン中本 北極ラーメンLOVE❤
  3. まだまだManon -はじめましてのご挨拶-

関連記事

  1. seriously

    日本人として…戦争を考える

    今日はちょっと真面目な話をします。。。と宣言してしまいました……

スポンサーリンク

  1. Hawaii

    ホノルルマラソンに初挑戦した話③ ゼッケンをとりに。
  2. blog

    日傘か雨傘か おおいに悩む。。
  3. blog

    コンビニの店員さんに思うこと。。
  4. cinema

    シェイプ・オブ・ウォーター/15時17分、パリ行き/リメンバー・ミー 3本一気に…
  5. book

    泣いた赤鬼 -お互いを思いやる優しさ-
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。