book

何十年ぶりの本との再会

あなたは本を読んで泣いたことってありますか?

泣いたことあるよー、っていうかた。

人生で最初に本を読んで泣いた作品って
覚えていますか?

スポンサーリンク

私、はっきり覚えています、
小学校4年生のとき。

家にどこかから譲り受けた
世界名作全集の中の「アンクル・トム」。

【アンクル・トム あらすじ】(出典元:Wikipediaさんより以下一部抜粋)
本作は初老の黒人奴隷トムの数奇で不幸な半生を描いている。
黒人奴隷トムは、主人の息子ジョージから慕われて幸福な日々を送っていたが、
その家が困窮したために売られていくことになる。
売られていく途中、船で出会った少女エヴァンジェリンを救ったことで仲良くなり、
彼女に友達として愛されるが、その後エヴァンジェリンは病死し、
トムの理解者だったエヴァンジェリンの父も事故死してしまい、
トムは悪辣な農場主レグリーに売られてしまう。
レグリーの元で残虐な扱いを受けたトムは、レグリーに暴行されて死亡する。
死の直前にトムは、彼を買い戻しに駆けつけたジョージと再会し、
そのジョージによって丁重に葬られた。
(抜粋以上)

私は小さい頃からめちゃくちゃ本が好きで
台風の日も大雪の日も、
図書館に通ったくらい本が好きで。

親が見かねて、どこかから名作全集を
譲ってもらった中にそれはありました。
(譲ってもらうあたりが切ない…w)

「ロビンソン・クルーソー漂流記」
「紅はこべ」←題名むずかしい…
「ああ無情」←レミゼの邦題ですね~
「ベニスの商人」
「がんくつ王」←題名むずかしい2
「イワンのばか」←題名おかしい…

こういう題名ばかり思い出すのって、
勇ましい物語が好きだったのか私。。

世界を旅するような物語が特に好きで
そればかり繰り返し読んでいると
飽きてきます。

そんな中、表紙の絵がヘン、題名もヘン、
特に気に留めたこともなかった
「アンクル・トム」だけ
ずっと読んでおらず。

あまりにも他の本を読みすぎて、
あー、新作でも読んでみるかー。
って気持ちになって、
読み始めました。

( T T)
( T T) ( T T)
( T T) ( T T) ( T T)

泣。

読み終わって
あんなにヘン、と思っていた
表紙の絵=トムの絵、を見て
じーんときてまた泣く。

表紙の絵が
尊く見えてくるのでした…

小学校四年生の自分が、
本を読んで泣く。

子どものような、大人のような、
気恥ずかしさと、照れもあり、
親に見つからないように読んだのを覚えています(照)。

作者ストウ夫人がこの本を書いた当時、
アメリカは奴隷解放問題で南北分裂の危機。

南:奴隷制度に賛成。
北:奴隷制度に反対。

そんな最中に、真正面からこれが書かれた。

大変な反響があり、
この物語は「南北戦争」のきっかけになった、
とも言われています。

大人になって、
アンクル・トム、また読みたいな。
と思ったことがあり、実家に戻ると、
ごっそり全集がないではありませんか。

確かに。
場所とるし。
子どもの本だし。

…でもアンクル・トムだけは
残しておいて欲しかったな…( T T)

怒涛の勢いで調べたのですが、
実家のその本は別の親戚へ、
そこからまた更に別のお宅へ…
と、どんどん譲られており
辿りきれなくなっていました。

ドナドナです…

子牛じゃないけど…

スポンサーリンク

こんな時代ですから
ちょっと調べれば、ネットですぐ買えるはず、
と思ったのです。

ところが。
当時小学生だったので、
出版社を覚えておらず、

赤い本。
表紙の絵がトムじいや。
訳者は女性だった気がする。
くらいしかわからない。

ものすごくものすごく調べたんですが、
やっぱりわからない。

仕方なく、
別のアンクルトムでいいか。同じ話だし。
と思って買ったのですが、

全然違う!

他の本のトムじいやは、
田舎の方言を話す、素朴な人のいいおじさん。
くらいにしか思えない文体なのです。

私の記憶にあるトムじいやは、
優しく、気品があり、
紳士で信心深い神様のような人。
なのです。

…訳が違うと、
作品が違うくらい違うのだ…

大ショック。

しかも訳者名を覚えていない…。

そんな大ショックから10年以上経ちました。

…発見、
ついに発見しました。

数週間前、突然Amazonさんで発見。

出版社:日本ブッククラブ(←今はもうない…)
「こども名作全集7 アンクル・トム」
訳者:松本恵子

私が買ったのが最後の一冊で、
なくなってしまいました…

15年くらい探して、
突然見つかったアンクル・トム。
(し、しかも中古108円)

何の因果か、アメリカでまた
白人至上主義、人種差別的な事件があった日に
ずっと探してたアンクル・トムが見つかる。

不思議です。

啓示のような暗示のような、
そんな気がして、
こうして皆さんに共有させていただきました。

ここのところ、
まぢめなお話ばかりですみません、、

膨大な長すぎる記事を読んでくださり、
本当にありがとうございます。

松本恵子さん訳のアンクルトムが、
もう一度世に出るといいなあ

ピックアップ記事

  1. 夢を達成するために -リアル下町ロケット 社長さんの考えかた-
  2. まだまだManon -はじめましてのご挨拶-
  3. 「中本道」 蒙古タンメン中本 北極ラーメンLOVE❤

関連記事

  1. book

    絵本をもう一度読んでみる

    子どもの頃に読んだおはなし。私のように子どものいない人生だと、…

  2. book

    宮崎駿監督が衝撃を受けた本「いやいやえん」

    今年の夏は雨ばかり降ってたので、部屋の大掃除をしたところ、懐かしい…

  3. book

    泣いた赤鬼 -お互いを思いやる優しさ-

    泣いた赤鬼。私、昔からこの話が大好きですーーーー!冒頭から…

  4. book

    The Key & The Magic -The Secret 引き寄せの法則を補う本たち-

    余暇の過ごし方。と書くと堅いですね(^^;;仕事以外の時間…

  5. book

    大好きな本「おちゃめなふたご」シリーズ

    またもや大好きな本のお話。小学生の頃、大好きだった「おちゃめなふた…

  6. book

    「蜜蜂と遠雷」恩田陸さん ピアノコンクールの青春群像小説にじーん…

    皆さま、三連休如何お過ごしでしょうか。この前に更新した雪が降った頃…

スポンサーリンク

  1. travel

    ゆるっと旅の記憶 ースペインー バルセロナ!
  2. book

    The Key & The Magic -The Secret 引き寄せの法…
  3. cinema

    東京国際映画祭 -美女と野獣- LiLiCoさん&八雲ふみねさんのお話もあり♪
  4. cinema

    美女と野獣(2017年)DVD発売前に見どころご紹介♪(ネタバレありです)
  5. cinema

    映画「ラストレシピ」 -1930年代の楊晴明を演じた兼松若人さん 素晴らしかった…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。