blog

大人のならいごと -バレエあるある-

大人のならいごと。

今いろいろありますね^^

私はかつて本業にしていたダンス関連。
かつては仕事のひとつだったし、怪我もしたし。
昔のようにはできないし。
昔だってそこまで優秀なエリートだったわけじゃないし。。
と、ぐだぐだぐだぐだ、頑なに避けていたのですが。

大親友の一言。
「久しぶりにやったらさ、すっごい楽しかった!
やっぱりいいよね、バレエ。またManonもやればいいのに」

この一言に背中を押され、
もう一線退いて10年以上経つし
また何の肩書きもない一人の人間として
オープンクラス(誰でも受けることのできる1回完結クラス)に
出るのもありなのではないか。←大げさー(笑)

なんて思って。

スポンサーリンク

数年前に勇気を出して出てみたんですね。
大人バレエのオープンクラス。

…懐かしくて。
…もうすっかり忘れちゃってるし。
…でもやっぱり懐かしくて。

身も心も正直です。
細胞ひとつひとつが喜んでいました。

こんなに好きだったことを
何で10年以上も頑なに拒否し続けていたのか。

あまりの懐かしさに頬が緩んでしまいながら、
こんなに好きなことから背を向け続けてきた自分に
もう一人の自分が
ごめんねごめんねと泣きそうになって震えていました。

涙が落ちてしまい、
いやいや今タンジュだし、おかしいおかしい(笑)
なんで泣いてるの、わたし?!(笑)と
笑いそうになりながら
泣きそうになりながら
これまで、こういうことから頑なに背を向け続けてきた長い日々と
和解したような、仲直りしたような…

そんな気持ちでした。

だって!

久しぶりに再開したら、ものすごく楽しいのです…(笑)

本業のときは、こうしなければ、とか
もっとうまくならなければ、とか
試験で良い点をとらなければ、とか
隣の人よりももっと脚が上がらなければ、とか

そんなことばかり気にしていて、
本来の好きという気持ちと向き合う暇もなかった。

今、周りを見渡してみれば。

大人になってから初めてバレエを習いました、
という人たちが

ちゃんとバー(バレエ教室によくある長い棒を渡してあるアレ)の
順番を覚えて、形の名前(足の出し方とか、ポーズに名前がある)も
私なんかよりも、よく知っていらっしゃる。

すごいなあ、やっぱり好きってことは何にも勝るのだなあ。
素晴らしいこと。

こうして、久しぶりのバレエで出会った人たちは
仕事でもなく
学校でもなく
近所でもなく
もう単にバレエのスタジオで
好きなことが一緒だから出会えた人たち。

みんなそれぞれの背景があって、
色々な理由でバレエを習いにきていて。

仕事で嫌なことがあっても、
人生で不安なことがあっても、
恋愛で心配なことがあっても、
苦しいこと、辛いこと、心配、不安、
そういうものがスタジオに入ると心から消えていって
レッスンが終わると前向きな気持ちになれたりして。

バレエを再開する前まで、
私は苦しいことや辛いことがあったときに
どうやってやり過ごしてきたのか思い出せません…(笑)

いや。
やり過ごせてなかったんだろうな…

大きな意味で本当に好きなことを再開できて
救われて幸せな気持ちを持てることに感謝です。

スポンサーリンク

【バレエあるある】
・始まる前の人数、多すぎても残念だけど少なすぎてもどきどきする。
先生とマンツーマンになったらどうしよう。。。というどきどき。

・ほどよく駆け込みで人が増えて、ほっとする。

・と思ったら、今後は増えすぎてバーに人が連なりまくり。

・もっと均等にバーにつきましょうようーーーと思うくらい
まばらなところと、ぎゅうぎゅうのところがある…

・そう。バーの場所取りは座席取りと一緒。
タイミングと強靭な精神力、運などなどが必要…。

・つく場所によっては、一人離れ小島になってしまい
バーの順番をたった一人で全部覚えないとならないことに。

・特に右側から始まる左手をバーで持つ側のときに
前にも横にも人がいない場所になると、し、しまった!と思う。

・それでも最初は静かな穏やかなプリエから始まるので
「たっぷりやってます感」を装って、空気読みながらやる。

・しかしフラッペあたりからどんどんごまかしがきかなくなる。。

・バーが複雑だから、どんな難しいセンターなんだろうかと
戦々恐々としていると、案外あっさりなセンターでひと安心。

・逆にシンプルなバーでほっとしていると、
めちゃくちゃ難しいセンター。え、まぢですか!と焦る。

・先生によって使うCDはそれぞれ。
だんだんわかってくる「この先生と音の趣味合うー♪」

・教えに慣れてない先生だと、音が余ったり足りなくなったり。
それもまた微笑ましい。

・しかしそういう先生が数か月後には、完璧な時間配分で
大人気クラスになっていたりする。すごいなバレエダンサーさんは。

・前が好きな人、後ろが好きな人、真ん中好き、はじっこ好き、
だいたい好みが同じ人と場所が毎回かぶってしまう…
ごめんなさい、でもやっぱり私もそこが好きなのぅー

・ちょっと気持ち的に牽制し合いつつも、
生徒総崩れの難しいアレグロとか、ピルエット、ジャンプ、と
進んでいくにつれ、みんなに一体感が生まれ、共感が生まれ、
終わってから「おつかれさまでした!」と挨拶を交わしてしまえば
なんだ良い人だなあ♪と単純に思うのでした。

・同じところに毎週行くようになると、顔見知りの人が増えてくる。
名前も知らないけれど挨拶を交わせる関係が何となく好きだー^^

・挨拶交わす人とはまた別で、みんなが「あの人!」とわかるくらい
超個性的な人がだいたいどのスタジオにもいる(笑)
上手い下手ではなく、ご本人のふるまい、クラスの受け方、ウェア、、
などなどがものすごく変わっていたりするのです(笑)

【バレエスタジオ代講あるある】
・極端な2パターン&特殊ケースに分かれる。
① 代講なので人が激減。普段の先生が人気>代講の先生が無名若しくは不人気。
② 代講の先生が超レアで、特需景気な人数大増員ケース。
③ 普段の先生も超人気、代講の先生も超人気。どっちにしても混むケース。

・②の時はスタジオに見たことない遠征組の人が増える。
自分が毎週出てるクラスなのにアウェイ感を味わう。

・②の先生が良すぎて生徒が移ってしまいそうな勢い…
一回休んだだけでオセロのように生徒が流れる恐ろしいパターン。

先生もそれぞれ、生徒もそれぞれ。
優しい先生が好きな人もいれば、厳しい先生が好きな人もいる。
だからバランスが保たれているのかな。たぶん。

今から本気で叱られたりはしたくないですが、
細く長く、楽しんでずっと続けていきたいなと思います、はい^^

ピックアップ記事

  1. まだまだManon -はじめましてのご挨拶-
  2. 夢を達成するために -リアル下町ロケット 社長さんの考えかた-
  3. 「中本道」 蒙古タンメン中本 北極ラーメンLOVE❤

関連記事

  1. blog

    水をはじくベンチ 誰か開発してくださいーお願いします!

    ここのところ雨が続いてますね。私、最近よく思うのです。…

  2. blog

    大切な同期たち、そして同期のご両親への思い…

    2月ももうすぐ終わりですね。皆さん、ご体調は如何ですか。これだけ…

  3. blog

    好きこそものの上手なれ! まだまだ無意識上に「好きなもの」があるかも?♪

    好きこそものの 上手なれ。ってほんとにそうだなーと思います。…

  4. blog

    まだまだManon -はじめましてのご挨拶-

    ご訪問いただきありがとうございます。初めまして、Manonです。…

  5. blog

    40独女の年末年始… 「家族っていいよ圧」にやられる の巻

    年始のお休みの後の三連休♪皆さま如何お過ごしでしょうか。今…

  6. blog

    フランス女優 故ジャンヌ・モローさん珠玉の格言

    私は昔からフランスという国も文化も人も大好きです。 知り合いのフラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. blog

    コンビニの店員さんに思うこと。。
  2. cinema

    公開中映画「ドリーム」ネタバレあり! 働く女性の皆さん、オススメです♪
  3. book

    大好きな本「おちゃめなふたご」シリーズ
  4. Hawaii

    ホノルルマラソンに初挑戦した話⑦ まっきーさんの歌に励まされながら。
  5. Hawaii

    Hawaii 空港からのオススメ交通手段
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。