cinema

東京国際映画祭 -オズの魔法使い-

東京国際映画祭。

第一弾、観てきました。
ミュージカル「オズの魔法使い」1954年。

スポンサーリンク

劇団四季さんのウィキッド、大好きで何度か観たのですが
毎回歌が素晴らしすぎて、ストーリーがなんだったっけ…?
と頭に残らず→ばかですね…()

ちゃんと原点に戻ろう、ということで今回観てきました。

かなり古いはずなのに、なんだかとても粋でお洒落。

最初はセピア色、その後魔法の国についたらテクニカラーに切り替わって、
それもまた、現実の世界と魔法の国を分ける要素としての工夫なのですね。

※以下ネタバレありです。ご注意ください!※

・名作なのに可愛らしいギャグ満載この作品()
芸人さんのネタのように、泣くところはとってつけたように号泣になってるし、
オズの魔法使いがただのおっさんだとバレるところもギャグ…

・魔法の国にいるマンチキン(小人たち)。
チャーリーとチョコレート工場のウンパルンパを彷彿とさせる…
というかマンチキンのほうが先なのか!

・ライオン、すっごい良い役だなー。美味しすぎる♪
かかしよりブリキ男より、ライオンが格上扱い。
とか思いながら観てしまう自分がいました…元の職業病かな。。

・西の魔女、悪すぎなのに、水かけられて溶けて死ぬあたりが簡単()

・西の魔女の手下たちのショッカー感()

・ショッカー的な手下たちが魔女の城のエントランスで
変な行進してるとこ、おもしろすぎて私も加わりたい。

・竜巻に巻かれてるときの外の景色〜()

・ドロシーが言う言葉。
「おばさんがいて、大好きな仲間がいて。大切なものはみんな近くにある」
…なんか真髄ついてますね…大切なことは昔も今も変わらず。

・ドロシーの犬は、大切なときにいつも問題を起こす、いらいらくるほどに…

・あの有名すぎる歌「虹のかなたに」。
いきなり冒頭でドロシーが歌っててびっくり。こっこんなに最初に歌うのか!

単純なお話であっさり観終わりました。

わかりやすい勧善懲悪ながらも、
うそでしょ!というギャグ要素満載。

これを見る前、街が至るところでハロウィン🎃色になっており。

六本木ヒルズに着くと至るところ映画祭色になっており。

盛りだくさんでした^^

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 夢を達成するために -リアル下町ロケット 社長さんの考えかた-
  2. まだまだManon -はじめましてのご挨拶-
  3. 「中本道」 蒙古タンメン中本 北極ラーメンLOVE❤

関連記事

  1. cinema

    映画「ラストレシピ」 -1930年代の楊晴明を演じた兼松若人さん 素晴らしかったです-

    ラストレシピ、みてきました。一言でいうと、みてよかったです。…

  2. cinema

    映画「gifted」 大切な人の手を離してはいけない… 幸せとは-

    gifted 。もしかしたら、今年の作品の中で私の中のベス…

  3. cinema

    女神の見えざる手 …ロビイストと銃社会、女性の強さ…

    このところ強い女性が主人公の映画を見る機会が多かったのですが昨日み…

  4. cinema

    10月25日から東京国際映画祭はじまります^^

    もうすぐ第30回東京国際映画祭が始まりますね^^(2017.10.…

  5. cinema

    THREE BILLBOARDS -美しい「The Last Rose of Summer」の曲が心…

    THREE BILLBOARDS。日本ではあまり宣伝されていません…

  6. cinema

    映画「オリエント急行殺人事件」 豪華…一流の作品は時を経て一層輝く…

    オリエント急行殺人事件。みてきました。豪華…☆一流…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. blog

    日傘か雨傘か おおいに悩む。。
  2. travel

    ゆるっと旅の記憶 -ラスベガス-
  3. cinema

    グレイテスト・ショーマン  人は何度でも立ち上がれる
  4. blog

    大人のならいごと -バレエあるある-
  5. book

    宮崎駿監督が衝撃を受けた本「いやいやえん」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。