cinema

映画「gifted」 大切な人の手を離してはいけない… 幸せとは-

gifted 。

もしかしたら、今年の作品の中で
私の中のベストかも。
(何度も見に行った美女と野獣と現時点で張るくらいに)

【かんたんなあらすじ】
生まれて間もなく母を亡くし叔父と暮らす7歳のメアリー。
数学の天才的な能力を持っているけれど
叔父は普通に育てたいので、普通の学校に通わせる。
あまりにも突出した才能=ギフテッドを伸ばしてあげたい、と考える祖母。
大好きな叔父や大好きな猫と引き離されるメアリー…
本人にとって何が幸せなのかー。

スポンサーリンク

ほんわか穏やかそうな作品で
気楽に見れそう。
みたいな気持ちで行ったのです。

なのに
随所で思いがけず、
笑ったり、
胸が詰まったり
涙が噴き出したり、
笑ったり…

大切な人の手を離してはいけないー。

幸せはその人それぞれ。
優先したいことや大切にしたいことはひとりひとり違う-。

お涙ちょうだい映画、なんかではなく、
結構リアルで、ドライな感じに作られているにも関わらず
見終わって、あたたかく優しい気持ちになれる、
そんな映画でした。

スポンサーリンク

※以下ネタバレありです、ご注意ください!※

・とにかくメアリー役(子役の女の子)の
マッケナ・グレイスちゃんが可愛い、可愛すぎます。

・美しい画に心が洗われます。
特にメアリーとその叔父フランク(クリス・エヴァンス)が
海で過ごすシーンや夕日の逆光の中のシーンは泣けそうなくらい美しいです。

・天才、に確かに見える、メアリーの態度やふるまい。
大人びた物言いや、暗算の速さ、大人みたいな表情。
そういう設定だからそう見えてるだけなのか、
それともマッケナグレイスちゃんのお芝居が素晴らしいのか…

・メアリーの良き理解者、まるで家族のように接してくれる
隣人ロバータ(オクタヴィア・スペンサー)。
二人がロバータの家で歌ったり踊ったりする姿は、
何故か歳の差を感じさせない微笑ましさ。

・クラスメイトを庇って上級生をやっつけるメアリー。
正義感の強いメアリー、頭いい天才なのに人間味があってイイ。

・その後みんなに謝って、いじめられてたクラスメイトの
動物園は最高の出来だった、彼に拍手を、というところも
メアリーってなんかイイやつ、と思ってしまった。

・メアリーのクラス担任ボニー(ジェニー・スレイト)と
叔父フランクが一晩過ごしちゃったのね…と瞬時にして理解、
ニヤリと笑って「Gooood mooooorning, Ms stevensoooon
というメアリー()。最高()7歳にして…!

・実父が自分を探しもせず会いにも来ないことに
ショックを受けるメアリー…
泣きじゃくって部屋に引きこもる姿。
いくら天才でも、まだこの子は7歳なのだ…とハッとする…

・メアリーとフランク、ロバータ、
3人がずっと病院のソファに座っている。
…実の父親は医者?何でこんなに待たされているの…?

…衝撃でした。

出産を待つ様々な家族、みんなが集まって喜ぶ姿…
「お前が生まれたときと同じだよ」
「みんなが喜んだ、お前もみんなに愛されて生まれてきたんだ」

( ノД`)

まさかそんな理由で病院に来てたなんて。

元気がなかったメアリーがだんだん感動を共有し
知らない家族の人たちと生命の誕生を喜ぶ姿は神々しかった。

・裁判で仕方なく里親にメアリーを預けるフランク。
メアリーが泣きじゃくり、フランクも車に戻り泣く。。
心がちぎれそうなシーン。。

・ボニーがある日、メアリーが可愛がって一緒に連れて行ったはずの
片目の猫フレッドが里親探しのボードに出ていることに気づく。
これがキーとなって一気に急展開。
片目の猫だったからわかったのか…。なるほど、これもキーだった。

・片目猫フレッドのボードを見て、瞬時にすべてを理解するフランク。
最後にメアリーの母ダイアン(=フランクの姉)がフランクに託した
重大な秘密が明かされる…

ダイアン&フランクの母親イブリン(リンゼイ・ダンカン)もまた、
歪んでいるけど、娘や息子を愛し必死で育て
才能を伸ばしてあげようとするあまり
こんなことになったのだ…という哀愁がある。。

・ダイアンがすごすぎてあまりフォーカスされないけど
イブリンもフランクも、ものすごく頭が良い、
なんという優秀な一家なの…!と違ったところで感動。

・イブリンも、子どもや孫を思うあまりのこと。
本当の意味の悪人が出てこない…^^

・最後のシーン。メアリーがベストな環境にいて、
子どもらしさも失わず、大好きな人たちと一緒に暮らせていることに
心底からほっとして、あたたかい気持ちで終了…^^

「ギフテッド教育」-英才教育、はアメリカでは歴史があって
有名なんだそうです。

そして、そういうお子さんを持っている家は多かれ少なかれ
こういう苦労や難しさを抱えているそうです。

日本でも近年注目されているらしいので、
いつかそんな学校ができるかもしれませんね。

「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」
あいだみつをさんの言葉。

なんだかこれを思い出して
一人ひとり、何を幸せだと感じるのかは違うのだなあ。
と改めて思いました。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 夢を達成するために -リアル下町ロケット 社長さんの考えかた-
  2. まだまだManon -はじめましてのご挨拶-
  3. 「中本道」 蒙古タンメン中本 北極ラーメンLOVE❤

関連記事

  1. cinema

    映画「オリエント急行殺人事件」 豪華…一流の作品は時を経て一層輝く…

    オリエント急行殺人事件。みてきました。豪華…☆一流…

  2. cinema

    グレイテスト・ショーマン  人は何度でも立ち上がれる

    グレイテスト・ショーマン。気づけばもう公開からだいぶ日が経ってしま…

  3. cinema

    公開中映画「ドリーム」ネタバレあり! 働く女性の皆さん、オススメです♪

    三連休、もうそろそろ終わりますが、皆さん良い連休だったでしょうか。…

  4. cinema

    10月25日から東京国際映画祭はじまります^^

    もうすぐ第30回東京国際映画祭が始まりますね^^(2017.10.…

  5. cinema

    東京国際映画祭 -オズの魔法使い-

    東京国際映画祭。第一弾、観てきました。ミュージカル「オズの…

  6. cinema

    THREE BILLBOARDS -美しい「The Last Rose of Summer」の曲が心…

    THREE BILLBOARDS。日本ではあまり宣伝されていません…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. blog

    選挙。 -議員秘書経験から思い出す悲喜こもごもー
  2. book

    泣いた赤鬼 -お互いを思いやる優しさ-
  3. book

    「蜜蜂と遠雷」恩田陸さん ピアノコンクールの青春群像小説にじーん…
  4. travel

    ゆるっと旅の記憶 ースペインー バルセロナ!
  5. blog

    尽きせぬ感謝の思い -人生における大切な人たち-
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。