cinema

映画「オリエント急行殺人事件」 豪華…一流の作品は時を経て一層輝く…

オリエント急行殺人事件

みてきました。
豪華…☆

一流の役者さんたち、
列車も景色も小道具も諸々、
相当お金かけてるのだろうな…
と私のような素人が見てもわかる重厚かつ高級感、満載。

【主なキャスト】
・「世界一の名探偵」エルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)

・「アメリカ人の富豪」エドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)

・「アメリカの未亡人」キャロライン・ハバード(ミシェル・ファイファー)

・「ロシアの公爵夫人」ドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・デンチ)

・「宣教師」ピラール・エストラバドス(ペネロペ・クルス)

・「バクダッドの家庭教師」メアリ・デブナム(デイジー・リドリー)

・「オーストリア人の教授」ゲルハード・ハードマン(ウィレム・デフォー)

・「ラチェットの秘書」ヘクター・マックイーン(ジョシュ・ギャッド)

・「ラチェットの執事」エドワード・ヘンリー・マスターマン(デレク・ジャコビ)

・「従軍経験のある医師」ドクター・アーバスノット(レスリー・オドム・Jr

・「オリエント急行の車掌」ピエール・ミシェル(マーワン・ケンザリ)

・「ロシア公爵夫人のメイド」ヒルデガルデ・シュミット(オリヴィア・コールマン)

・「体調を崩している伯爵夫人」エレナ・アンドレニ伯爵夫人(ルーシー・ボイントン)

・「自動車販売で成功した男」マルケス(マヌエル・ガルシア・ルルフォ)

・「ハンガリー貴族・ダンサー」ルドルフ・アンドレニ伯爵(セルゲイ・ポルーニン)

・「オリエント急行鉄道会社重役」ブーク(トム・ベイトマン)

スポンサーリンク

小説ももともと大変有名な作品ですね。
…が私は本好きなんて言いながら、
こんな有名な小説を読んでいなかったのでした…

オリエント急行殺人事件(出典元:Wikipediaさん)
オリエント急行(出典元:Wikipediaさん)


1883年パリ発コンスタンチノープル(現在のイスタンブール)行の
列車として運行開始。

その間色々な変遷がありましたが、2009年定期列車廃止。
アガサ・クリスティによる小説「オリエント急行殺人事件」発表は1934年。

第二次世界大戦前に利用できたのは、王侯貴族や外交官、裕福な人々に限られました。
パリ=コンスタンチノープル間の一等運賃と寝台料金の合計は
当時の召使いの給料1年分に相当したといいます。

運行される東ヨーロッパの政情は不安定かつ裕福な人々が乗車していたことから
盗賊団に襲われたり、行く先のコレラ流行により列車が数日隔離されることもあったと言われています。

この列車を調べていくうちに、不思議な魅力にとりつかれてしまいそうです…
タイタニック、とちょっと似ているような…
不思議な魔力があります。

2009年まで運行していたし、陸なのでタイタニックよりは現実的ではありますが、
豪華、色々な逸話・武勇伝みたいな「列車」の歴史あり。
調べれば調べるほど、いかにも「オリエント急行殺人事件」的なことが
起こりそうな気がしてきます。

乗ってみたかった、つい最近まで走っていたのに…!残念!

衣装もそれぞれの身分や立場に合っていて豪華。

スポンサーリンク

素晴らしい役者さんぞろい、その中に
アレ?…!知っている人がいる的な…
あ!
ル・フウ!(←美女と野獣のガストンの子分的な)

ル・フウ役だったジョシュ・ギャッドさん、
今回はラチェットの秘書役で出ていらっしゃいます^^
今回はシリアスな役ですが、何となくうれしくなる私。

今回のこの映画、小説読まずともわかりやすく、
惹き込まれていきました。

…おおお、そういう結末だったのか…と驚いているのは
私のようにお話知らないかたがたでしょう…

しかし!
これ見た後、小説を読みたくなり、
更にその後また改めて映画をみたい!と思いました。

名作、大作ってこう思わせる圧倒的な魅力があるのだな…
しみじみ思った次第です^^

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. まだまだManon -はじめましてのご挨拶-
  2. 夢を達成するために -リアル下町ロケット 社長さんの考えかた-
  3. 「中本道」 蒙古タンメン中本 北極ラーメンLOVE❤

関連記事

  1. cinema

    映画「ザ・サークル」 意識高い系IT社長・瀬良社長version 希望

    エマ・ワトソンとトム・ハンクス主演の映画「ザ・サークル」観てきました。…

  2. cinema

    公開中映画「ドリーム」ネタバレあり! 働く女性の皆さん、オススメです♪

    三連休、もうそろそろ終わりますが、皆さん良い連休だったでしょうか。…

  3. cinema

    映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」 情けは人の為ならず…懐かしく温かい黄泉の国

    DESTINY 鎌倉ものがたり (出典元:公式HP)ファンタジー。…

  4. cinema

    映画「ラストレシピ」 -1930年代の楊晴明を演じた兼松若人さん 素晴らしかったです-

    ラストレシピ、みてきました。一言でいうと、みてよかったです。…

  5. cinema

    パディントン2 観てきました^^ -1を観てなくても楽しめます♪ー

    パディントン2(出典元:パディントン2公式HPよりみてきました♪…

  6. cinema

    映画のお話「ニューシネマパラダイス」「ライフイズビューティフル」

    昨日は美女と野獣推しでがしがしとお話しましたが、私は以前から映画が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. blog

    交差点の歩き方と人生の極意^^
  2. blog

    水をはじくベンチ 誰か開発してくださいーお願いします!
  3. blog

    ソウルメイト… 名づけられない素敵な関係^^
  4. foodie

    MARUICHI BAGELさん 大好きなベーグルのお店♪@白金高輪
  5. Hawaii

    ホノルルマラソンに初挑戦した話⑤ お祭りのようなスタート地点
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。